絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

いってきます!

元旦は、宿直明けで、

2日は、一人でダラダラ過ごして、

今日3日は、また宿直で…

なんというお正月!


私が選んだ人生だから仕方がないけれど、あまりにも味気ないというか…つまらないというか…正月早々・・損した感じ。


だけどこれは、

私の人生にとって始まりにしか過ぎないのだろうと思う。これから先幾度も、あまりにも「味気のない日々」は、やって来るだろうし…絶望にも似た喪失感を感じることも少なくないだろう。

これまでの約3年間もそうであったように、人生におけるこれからの決め事を私一人で考えて決めなければならない訳だ。

それが、どんなに淋しいことか…


一緒に膝を合わせて話し合えないことが、どんなに悔しいか…


一人で生きてはいけるけれど、味気のない虚しさは、ずっと…ずっと続く…


生活を少しでも潤すために出した私の答えも、今は全くやる気にならなく…

冬だからか…

寒いからか…知らないけれど…


じっと毛布にでも包まっていたい気分だ。


昨日は、何回「林部智史さんの あいたい」を聴いただろう…


行って来ます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。