絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

さとみさんへ・・・・さとみより。

無理をしていませんか?

一生懸命になり過ぎていませんか?


目隠しをして生きることは楽ですか?


でも、あなたはちっとも悪いことをした訳じゃないのだから・・・


肩を落として歩かないで下さい。


堂々と胸を張って…

回りは見なくても、前は、しっかり見て進んで下さい。



現実から

目を…心を背けて…いてもいいです。

誰にでもそんな時があるのです。


哀しくなったら…

息苦しくなったら…


泣いても、叫んでもいいです。


誰にでも…そんな時があるのです。


ただ、

もう…思い出を責めるのは…

やめにしませんか?


いつまでも、いつになっても…

もっと早く気づけばよかった。とか…

身体にいいご飯作ればよかった。

仕事手伝えばよかった。


あの時は・・・とか、

こうすればよかった・・・とか、

私が悪かったんだ・・・

なぜ、あなたは本当のことを、

話してくれなかったの!って・・・


責めるのはやめにしましょう。

2人で顔を見合わせて、よく笑ったじゃないですか。

2人でおやつ沢山買って、ドライブしたじゃないですか。

2人で大好きな大阪の街歩いたじゃないですか。


思い出を責めるのは

やめにしましょう。


思い出が力になる時が

きっと来るはずです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。