絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

人生…迷い道・・本当の居場所①

3月…

この街に来て、7ヶ月が過ぎた。

シフト制の仕事の流れにも慣れた。子ども相手の職種だから、以前とさほど変わりはない。

しかも偶然にも、アパートと職場との間に、その通り道に・・娘一家の住まいがある。仕事帰りに立ち寄り、なっちゃんと遊んだり、機関銃の如くお喋りをして過ごす楽しみもできた。


しかし…そんな生活を送る中・・・心の片隅に常に重たい影が浮かんでは消え、消えては浮かび上がり…何とも落ち着かないのも事実である。


それは、義父母と義弟の存在だ。


私は、

あっちゃんが居なくなった時…


私自身の心のモチベーションを保つことに必死だった。

全てから逃げたい…と思いながらも、長男の嫁だった私は、…その責任の重さも感じていた。


だけど…


あっちゃんはいなくなった。


私はあっちゃんの妻。

その役目はなくなった…。


今こうして…7ヶ月。

私は、あっちゃんと暮らした家を出た。すぐ近くにいる義父母を残して。(同じ敷地内に両親の家がある。)

私の居場所は、もうあの…2人で建てた家じゃないと…思ったから。


あそこには…いられない・・・


私は、ずっとあっちゃんと居るはずだった。あっちゃんが居なくなった途端に…私の居場所が消えた…。


ただ…それだけ・・・。


ごめん…ね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。