絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

桜…泣き・・

黄昏泣き…ってご存知ですか?

生後3、4ヶ月ぐらいの赤ちゃんが、夕暮れ時になると、3、40分程度泣き続ける様をそう…表現します。

お母さんにとっては、突然泣き出すので心配にもなり、一生懸命あやしても泣き止まないので頭を抱えてしまいます。


私に…まさか、この黄昏泣きにも似た症状が、この桜が咲く時期に表れるのです。


桜の時期になると…、

世間が、一気に華やぎます。

初々しさ…そこには人生の出発点のようなものが見えます。

晴れ姿、爽やかな微笑み…

出会いの時…

何かが始まる予感がします。


私も、桜の花を見るのが大好きでした。お弁当を広げて、あっちゃんは、その木の下でビールを美味しそうに飲んでいました。

私が、あっちゃんの死後、毎日のように通っていたのが、地元でも有名な桜の花が咲く浜辺でした。


3年前からの私は、

桜の花に、その清々しさの中に、寂しい疎外感を感じるようになりました。桜を見ると、哀しくなるのです。桜を見ると、寂しくなるのです。

私と正反対なようで…。


泣きたくなるのです。


また、新しい年が、

自然が芽吹き、活動し始める時期が来たことが、何故か息苦しいのです。

大声を上げて…泣きたくなる。


早く綺麗に散らないかな…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。