絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

生きたいのか…死にたいのか!

スタッフルームからデイルームにいる利用者を眺めていた。

天井を伝う大きな窓からは、散々と自然の光が差し込んでくる。


こんな日…寝転がってテレビを見ている中、高校生。前半は3連休のゴールデンウィーク。今日は、1人だけ祖父の迎えで外出している利用者がいる。買い物に行って昼食を共にするらしい。ニコニコ顔で車に乗って出かけて行った。


今日は朝から、数人の利用者が自宅へ電話をしている。もちろん外出や外泊のお願いを家族にするため。しかし…その殆どの利用者が電話を切る時には肩を落とす。

「また、連絡するから…」って中途半端な答えが返ってくるからだ。


白か黒!

行くのか行かんのか!

するのかやめるのか!


私はいつもあっちゃんに迫った。


お酒止めるか…

仕事辞めるか…

入院するのか…

離婚するのか…


生きたいのか!


それとも・・死にたいのか!

あっちゃんは、私からの激しい尋問に…いつも心の中でどう答えていたのだろう。

答えを聞くまでもなく、私はいつも結果を自分で決めていたから…。

やめたいけど…やめられないこと…って・・誰にでもあるよっ…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。