絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

愛おしさが、益々膨らんで…

泣くことも以前と比べて…随分少なくなった。それは、けして哀しみが薄れた訳じゃなくて。

哀しみが、「愛おしさ」に少しずつ変わっているからだとこの頃感じる。


彼が倒れる2日前… 虫の知らせだったのだろう。急に彼のことが気になって…


「今日、背中流してあげるから…」って…結婚してから随分言っていない台詞を言った。

店に行く前にお風呂に入るあっちゃんに… 何か見えない力が.私にそう…言わせていた。


次の日も…そう…言った。

「背中…流してあげる…」


愛おしくて…

愛おしくて… まるで恋をしている様だった。あっちゃんに…。


愛おしくて…


だけど。その恋は少し違っていた。

熱く…赤く…ドキドキする愛ではなくて・・


今ここで手放したら…もう手の届かないところへ行ってしまう様な切ない愛を…あっちゃんに感じた。

消えてなくなりそうな愛を… 私は感じていた。

あの時…あっちゃんは私に…きっと「さよなら」を言っていたのだろう…とも思う。


私はただ…愛おしくて…

不思議な空気が流れているようだった。きっと…私も感じていたのだ。


明日も一緒にお風呂に入ろうね!って約束した。


だけど…その次の日緊急入院。彼はもう二度とお風呂に入ることはなかった。


今…また…あっちゃんのことが愛おしくてたまらない。

どうしてだろう。


頬ずりして…

ぎゅーって抱きしめたい。

会えないから…愛おしいのだろう。


もう一度…

あっちゃんに出会いたい!

始めからやり直したい。


恋の始まりから…、

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。