絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

トラウマ 「恐怖の電話」

元日…

お昼12時30分に仕事を終え、なっちゃんの待つ娘の家に向かった。

大晦日、正月…と仕事だった。

2日は、休みをとっていた。娘家族と義父母の住む家に帰る予定にしていたからだ。


しかし…

なっちゃんが熱い!

年末から風邪を引いたようだ。

義母は毎年のように御節料理と雑煮を作って待っていてくれる。

待っているのは、血の繋がりのある孫である娘となっちゃんなのだが…。

それは一向に構わない。

私は、料理上手なお義母さんのお雑煮をいただく事が、一年に一度の楽しみなのだ。

しかし、今回のお正月の帰省は延期にする事にした。


元旦の夜…一人アパートに帰った。


一日中眠れなかった。

なっちゃんの熱が気になり…

電話が鳴るのではないか…と心配で…

救急車のサイレンが…耳につき…


眠れなかった…。


次の日、病院へ行ったとメールが来た。扁桃腺に膿ができたと…


2日の夜…も…また心配で眠れない。


あっちゃんが緊急入院したあの日から、私は夜に鳴る電話の音が怖くて…怖くてたまらない!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。