絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

運命と人生…再度考えてみる。

『運命は変えられないけれど人生は変えられる』という・・・この言葉を再度考えてみる。

あっちゃんとこんなにも早く永遠の別れをすることになったのは、私の「運命」だったのか。


ならば、あっちゃんがこんなにも早く死んでしまうことは、あっちゃんの「運命」だったのか。


こんな「運命」があることを…

もっと…もっと早くに知っていたなら…私は、あっちゃんと結婚をしなかった。



(などと…

去年の今日、こんなブログを送信している。かなり…落ちていた。)

2人で永く…未来が創れないと分かっていたら…そんな「運命」だと知っていたら…私は、

あっちゃんとは

結婚しなかったのに…。


(こんな…ことを。本当に自己中)


そうとも知らずに…私はあっちゃんと結婚した。幸せになれると…幸せになろうと…その幸せは永遠に続くであろうと思ったから。

これが私の「運命」なのだろう。


私の幸せは永くは続かなかった。

(中略)


悔やんでも仕方のないことだけれど…私は…やっぱり・・あっちゃんと一緒にいたかった。

生まれた時から決まっている「運命」


あっちゃんに出会ったことも「運命」だから…。

例え短い時間であると分かっていても、あっちゃんと一緒にいることを選んだに違いない。


これが変えられなかった私の「人生」であり、これがやっぱり私の「運命」だったのだ。

(ブログを読み返して思った。)


「運命」は変えられない。

「人生」は変えられる。


私は…今年「人生」を変えた。

居場所を変え、職場を変え、一人暮らしを始めた。

想定外の「人生」だが・・・。

私の「人生」だから・・・


私の運命の大体は、もう…見えているし、想像もつく。

ならば、変えられる人生を、自分らしく生きてみよう。

もう少しだけ…。

挑戦してみたいこともあるから…。

例え途中で終わっても大丈夫。

あっちゃんの分も生きようなんて…さらさら思ってはいないから。運命とやらが来たら、いつでもあっちゃんのところへ逝く覚悟は…


随分前にできているから…大丈夫。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。