絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

愛しい哀しみ

開口一番…


「復活したー?」・・・


あーぁあ!

確かに死んでいた。死ぬように生きるしか方法もなかった。


絶望のどん底を見たことのない人は、たった⁉︎ いや3年もあれば気持ちが上向きになるであろうと…勘違いをしているらしい。


どん底から這い上がることがなかなか出来ないなんて.…

上向きな気持ちになることがないなんて…思いもよらないのだろう。


確かに…以前ほど泣かなくなった。


確かに…環境も変わったから。


笑うことも、外へ出ることも、食欲も増えただろう。


しかし…いつまでたっても払拭できない「愛しい哀しみ」があるのだ。



分かって欲しいとは言わない。


いつか…

きっと、

元には…戻れない…切ない気持ちがあること…

そして、元に戻れなくても…少しずつ上を向いて人知れず歩いている人がいること…


「復活」とか「元気」…とか、優しさのつもりの言葉が…人を哀しませることがあることを…


いつか…知ることになるだろう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。