絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

幽霊と…住む・・。

何もしないで…

保温カーペットの上に抱き枕と薄手の毛布を掛けて横になり…ただ呆然と天井を見て過ごしていた。

何もしなくても…時刻は、

もう午後2時を回っていた。


湿気の多い部屋。

私の部屋は、一階にある。

アパートを借りて約8ヶ月になる。

このアパートのことを、「幽霊アパートかっ!」と、思うことがある。

それは未だにアパートの住人に会った事がないからだ。(以前ブログでも話した事がある。)物音はする。朝早くにバイクの音がする。夜遅く帰ると、人影は見えないが、カーテンの隙間から光が漏れている。

そして、歩く音…。

私の部屋の上には確かに人がいる。


名前も知らない。話したこともない。顔も、年齢も、性別も…全くわからない。


誰かがいる。


まさに…私にとっては幽霊だ。

すっかり春になっても、

誰とも関わらなくても、

何にも知らなくても・・

何もしなくても…

時は過ぎ、季節が巡るのだ。


何もしない…

何も考えたくもない・・こんな日を、後…どのくらい続けたらいいのだろうか。


季節のうつろぎにも…


満開の桜にも…

…感動する心は今はない。


誰とも関わらず、

もうしばらく・・・

私も幽霊の様に過ごしていこう…と思いながら、また、足音のする天井を見上げてみる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。