絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

鬼嫁④

義父母との関係は徐々に希薄になってきた。

結婚当初から仕事を持ち、別居していたこともあるが…。私の性格にもよるのだろう。以前からそう親密に行き来することはなく、相談なんて一度もしたことがない。一緒に買い物、旅行は、娘がまだ小さい時に数えるほどしかない。

あっちゃんの死後、何もかもに嫌気がさして、これから年老いていく義父母と病気の義弟の事を考えた。

あっちゃんがいるのなら、一緒にお世話をしただろうが・・・

長男の嫁として…


だけど…

一人になった私は・・・

お世話をする為だけにここにいる事に不安を感じた。


不満を感じた。


弁護士(あっちゃんの死後、借金、コンビニ、相続問題が起き、弁護士に依頼していた。)に、それとなく相談をすると、開口一番、「自分の人生を考えた方がいい。婚姻関係を解消することもできる。」って言った。

実家に帰るのもいいが、娘さんの近くに行く事が1番でしょ!と…。


実の両親は、もう他界していた。 実家には戻れない。


姉妹も九州。随分離れている。それぞれの家族がいる。


私は娘夫婦の近くにアパートを借りた。家を離れる時、義父母は止めなかった。むしろ、さとみさんの思うようにするといい…と快く送り出してくれた。


義父母と、あっちゃんがいた時からずっと一つ屋根の下に住んでいたら…

娘夫婦が、もし…家の近くに住んで

いたら…


私が、義父母のことが大好きだったら…

義父母と、まるで娘のような関係になっていたら…


私に全く働く力がなかったら…


多分、相続放棄して自分の家ではなくなったけれど、あの家の後ろにある義父母の家で、暮らしていたかもしれないと思う。


人の距離なんて、なかなか縮まるものではない。

負担にならない、居心地のいい距離感を保っておく方がいい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。