絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

ただ…それだけなんだよぅ!

あのねー!

本当に腹が立つ。


私は、一人で生きてんのっ!!

だからって…自分を凄い等と全く思ってはいませんから。

一人でなんか! 誰も生きたくありませんから。


仕方なく生きているのですから!


それなのに…

それなのに…


さとみさんって強いよ!


えっ!?


さとみさんって、竹を割ったような性格をしてるよねぇ。その行動力…といい、なかなかできないよ・・だとぉ!


義父母おいて…

気楽だねぇ〜いいなぁ〜・・だとぅ!


確かに…

確かに… !


あの時、2つの道があった。主人の居ない場所ではあるが今まで通り、家も仕事も変わらず、そのまま…その中で生き続けるか…。

そして、家も仕事も捨てるけれども、私の最も大切な娘のいる場所に近い所へ行ってゼロからスタートするか。

私は、笑える数が多いであろう方を選んだだけで…


楽しそうな方を選んだだけで…


ただそれだけ…で。


一人で生きているのは、一緒に足並み揃えて歩く人がいなくなったから…


ただそれだけ…なんだよぅ!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。