絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

この哀しみの正体

この思いは…一体なんなのだろう。

この哀しみは・・・

この淋しさは・・・

この悔しさは・・・


そして…いつまでも続く…この愛しさは・・・

一体なんだろう。


私は…

こんなにも…

あっちゃんを愛していたのか⁈(ならば、生きている時にしっかり…愛情表現をしておけばよかった…)


いやいや!


これが、「夫婦」として積み重ねた愛を越えた「繋がり」という情だろう。 夫婦となった二人は、いつしか空気のような存在になり、そして、分身のようにお互いの事が分かり合える。

自然にできる適当な距離感で…くっついたり離れたり…。

連れ添った年月を重ねて変化する二人の間に流れていた「空気感」が「愛」にも似た感情を創り出していたのだ。その「空気感」が私には最高に心地良かったのだ。


だから…今・・・


消えてしまった「空気感」が…愛おしくて…愛おしくて…息苦しいのだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。